バタフライガーデン

バタフライガーデンとは

butterfly1.jpg butterfly2.jpg
大学に隣接する青葉山では、日本に生息するチョウの約1/3にあたる80種類ものチョウが観察できます。それらのチョウを大学キャンパスに呼び寄せ、"生きた教材"として活用しようという試みが「バタフライガーデン」です。
四季をとおしてチョウの観察や飼育、食草栽培などの活動に取り組み、教員を目指す学生たちに対し、自然に親しむ機会を提供しています。

教材園の活用好適時期

教材園の好適な活用時期は、下記の通りです。

butterfly_gantt.jpg

バタフライガーデンへのアクセス

butterfly_map.gif

本学での授業活用例

環境教育概論a〜c(2012, 2011, 2010年 / 前, 後期 / 1,2年対象)

90分の講義でバタフライガーデンの概要等を説明した後、スマートフォンを片手に教材園内を散策しながらクイズ形式の設問(前期は花の名前、後期は冬芽)に回答させた。

生活科教材研究法(2012年 / 前期 / 3年対象)

愛子小学校の児童(4年生、120名)を対象としたフレンドシップ事業の一環として、本学学生40名が教材園を案内し、体験学習を行った。

幼児教育・教育実践研究演習(2012年 / 前, 後期 / 2, 3年対象)

バタフライガーデンを散策しながら、五感をフルに活用した幼児向けの環境教育素材(香りのする植物やチョウの幼虫など)について解説した。

自然フィールドワーク実験(2011, 2010年 / 前, 後期 / 2年対象)

附属幼稚園の園児(5歳児)を対象としたフレンドフレンドシップ事業の一環として、本学学生が教材園を案内し、体験学習を行った。

〒980-9845
仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学
環境教育実践研究センター
TEL:022-214-3537
FAX:022-214-3537