青葉山動物標本 (児童・生徒向け)

概要

1. 何を学ぶものですか?

宮城には、どんな動物が住んでいるか、知っていますか。森に住む動物は、たいてい、夜の間活動して、昼間は眠っています。そのため、きみたちが出会うことはなかなかありません。宮城県で得られた動物標本をよく観察することで、身近にいる生き物について、学んだり、想像したりしてください。

2. 観察や体験のポイントは何ですか?

動物の体のつくりをよく観察して、「どんな場所にすんでいるかな?」「食べ物は何かな?」「どうやったら出会えるかな?」など、推理してみましょう。

教材園における演習問題の例

教材園での観察・体験を行った際に、下記のような演習問題を出題することができます。

青葉山に生息する動物について

Q1 この動物は何でしょう?
q1.png
 
 
 
 
 

Q2 クマが活発に動きまわる時間帯は?
 
 
 

Q3 この鳥の食べ物を想像してみてください。
q2.jpg
 
 
 
 
 

〒980-9845
仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学
環境教育実践研究センター
TEL:022-214-3537
FAX:022-214-3537