リフレッシャー教育システム

「リフレッシャー教育システム」では、大学と附属学校園にフィールド体験教材を整備し、 双方向的な教育環境のもとで、体験型教育方法の検証・補強、および実践指導能力養成を行う 教育システムを駆逐し、環境教育を中心に現代的課題に応ずる高度実践指導者養成を行います。


ミツバチガーデンとは

mistubachi.jpg

ミツバチは自然環境のバロメーター。ミツバチが花粉や花蜜を集めることで植物は受粉・結実し、豊かな生態系が形成されます。この施設では、全国的に減少している在来種のニホンミツバチを飼育し、その興味深い行動を観察したり、養蜂体験をすることができます。ミツバチを大切にすることによって、青葉山周辺の豊かな生態系の維持、緑化の促進にも貢献できると考えています。

教材園の活用好適時期

教材園の好適な活用時期は、下記の通りです。

mitsubachi_gantt.jpg

ミツバチガーデンへのアクセス

mitsubachi_map.gif

本学での授業活用例

自然史・自然論(2012年 / 後期 / 1,2年対象)

学生に採蜜体験、および、蜜蝋作り体験の機会を提供した後、ミツバチの自然史(ミツバチと人間との歴史、関わりなど)に関する講義を行った。最後に全体を3班に分け、①ハチミツを使った料理の開発、②キャンドル作り、③ハンドクリーム作り、について学生自らが手法を調べ、実践活動を行っている。

生活科教材研究法(2012年 / 前期 / 3年対象)

愛子小学校の児童(4年生、120名)を対象としたフレンドシップ事業の一環として、本学学生40名が教材園を案内し、体験学習を行った。

幼児教育・教育実践研究演習(2012年 / 後期 / 2, 3年対象)

スズメバチの見分け方や付き合い方、ミツバチの習性やその生産物(ハチミツや蝋)の活用方法等について、体験活動を交えた授業を行った。

生活f(2012年 / 後期 / 2年対象)

ミツバチの基本的な生態について講義を行った後、8種類のハチミツのテイスティングを行い、それぞれの味の違いを言葉で表現させた。

概要

1. 何を学ぶものですか?

 「ミツバチガーデン」は、ニホンミツバチを観察するための施設だよ。ミツバチはとても小さい昆虫だけど、花粉を集めたり、ハチミツをためたりといつも大忙し。ミツバチを観察してみると、花や身近な環境などに関する知識が増えて、自然のしくみもよくわかるんだ。

2. 観察や体験のポイントは何ですか?

 ミツバチの巣をのぞくと、女王バチを中心にたくさんの働き蜂が動き回っているよ。社会性をもっているから、行動がとても面白いんだ。

教材園における演習問題の例

教材園での観察・体験を行った際に、下記のような演習問題を出題することができます。

ミツバチの生態について

Q1 ニホンミツバチはどんなところにたくさんすんでいるかな?
 
 
 
 

Q2 ニホンミツバチが活発に動き回る時間帯は?
 
 

Q3 ニホンミツバチのえさはなんですか?
 
 
 

概要

1. 教材園の特徴

 ミツバチガーデンは、日本在来種であるニホンミツバチの観察を行う施設である。ここでは、ミツバチの興味深い社会性行動を観察したり、蜂蜜を収穫して食したり、蜜蝋でキャンドルやハンドクリーム作り等が体験できる。ニホンミツバチの観察を通して、「食」や「農」を見つめ直したり、地域生態系への理解を深めたりしてもらいたい。

2. 体験学習や指導上の留意点・注意すべき点

 ニホンミツバチは性格がおとなしく扱いやすいハチであるが、刺されないように細心の注意を払う必要がある。春先や晩秋など気温が低い日には気が荒くなる傾向がある他、秋にはスズメバチがミツバチを狙って集まってくるため、より一層の注意を喚起することが求められる。しかし、巣箱にはガラスの覗き窓がついており、そっと顔を近づけることでミツバチの興味深い行動(8の字ダンス、スズメバチを蒸し殺しにする等)を観察できる。

教材園における学習の手順

①観察・体験に必要な準備

・ 採蜜の際には防護服を着用する。
・ 万が一のため、ポイズンリムーバー(毒を吸い出す道具)とオロナイン軟膏を用意する。

②巣箱での生態観察

・ 巣箱での生態観察ハニカム構造はどのようにして作られるか観察しよう。
・ 敵が近づいたらどのような行動をとるか観察しよう。
・ ミツバチの体温を感じてみよう。
・ 集めた花粉はどこに貯めるのかを観察しよう。
・ 子育てはどこでやるのかを観察しよう。
・ 蜂蜜はどこに貯めるのかを観察しよう。

③野外での生態観察

・ ミツバチはどんな花に集まっているのか観察しよう。
・ スズメバチを熱殺する行動を観察しよう。

④採蜜体験

・ 蜂蜜しぼり
・ 蜜蝋キャンドルづくり(蜂蜜を絞った残りの巣材を熱する)
・ ハンドクリームづくり(蜜蝋にオリーブオイルを混ぜる)

教材園における演習問題の例

教材園での観察・体験を行った際に、下記のような演習問題を出題することができます。

ミツバチの体験に関する問題

Q1 ミツバチの生態系における役割について述べよ
Q2 ミツバチはなぜ減ってきているのか?
Q3 ミツバチがいなくなってしまうと、あなたの食事はどう変化するか?今日の朝食を例にとって、説明しなさい。

1

〒980-9845
仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学
環境教育実践研究センター
TEL:022-214-3537
FAX:022-214-3537