top-image.jpg

「リフレッシャー教育システム」では、大学と附属学校園にフィールド体験教材を整備し、双方向的な教育環境のもとで、体験型教育方法の検証・補強、および実践指導能力養成を行う教育システムを駆逐し、環境教育を中心に現代的課題に応ずる高度実践指導者養成を行います。(事業報告書を見る



概要

1. 何を学ぶものですか?

 日本には古くからやきものを作り、愛用してきた歴史があります。粘土を使って、 自分の手で茶わんや皿、花びんなどの器を作ることでやきものの作りかたを学びます。また日本のやきものの伝統や美術についても学習します。

2. 観察や体験のポイントは何ですか?

 やきものにはひも作りや板作り、ろくろ成形などの作り方があります。最もきほんてきなつくりかたで器を作ってみましょう。

教材園における演習問題の例

教材園での観察・体験を行った際に、下記のような演習問題を出題することができます。

やきもののつくりかたについて

Q1 この作品はどんな作り方でできたのかな?
 
 
 

Q2 下の()の中からことばを選んで、やきものの作りかたの正しい順にならべましょう。
1.土ねり 2.[ ] 3.[ ] 4.[ ] 5.[ ] 6.[ ] 7.かんせい
(・かわかす ・すやきする ・かたちを作る ・くすりをかける ・本やきする)

概要

20130128_tougei2.jpg 20130128_tougei3.jpg

1. 教材園の特徴

 陶芸工房(窯芸実習棟)は陶芸の成形から焼成にいたるまでの様々な技法研究を目的としたもので、電動ロクロ19台、手回しロクロ60台、電動タタラ板製造機1台等の成形用機材の他、電気炉1機、ガス炉1機の焼成用の窯を所有する。本実習棟ではこれらの機材を利用し、様々な成形技法や装飾技法、釉薬調合、焼成方法の習得を目的とする。また、陶芸はその材質の違いにより磁器と陶器に大別されるが、それぞれの造形材料の違いは表現活動に大きな影響を与える。より多くの造形材料(陶器素材・磁器素材)を体験することで、表現活動の幅を広げ、豊かな造形能力を得られるものと考えている。これらの材質を用いたロクロ成形技術の習得については多くの時間と労力を必要とするが、他では得ることの出来ない造形感覚や集中力、美的表現能力を養うこと出来る。
 また日本の陶芸の特徴は古くから外国の様々な技法を積極的に取り入れ日本流に変化させ、日本特有の陶芸の形式を確立してきた。その一つに絵付けの技法を中心とした装飾技法がある。本実習棟では前述した成形機材を用いた成形技法の習得と共に、鉄絵、染付、色絵等の装飾技法を学ぶことで日本の工芸の文化や美術についても理解を深めるものと考えている。絵画表現においては、そのことに対し苦手意識を持つ学生が少なくないが、陶芸の絵付けを体験することで、絵を描くことに対しての苦手意識を払拭し、表現活動への意欲を深め、日本美術への関心を高めていってもらいたい。加えてこうした日本の伝統工芸の技術を学ぶことで、日本文化への視野を広げ再評価を与え、現在に活かしてもらいたい。

2. 体験学習や指導上の留意点・注意すべき点

 陶芸の活動は土練りから始まり、成形、乾燥、素焼、絵付、施釉,本焼、の工程を経て完成となる。どの過程においてもそれぞれの技術の習得が必要となる。技術の習得への近道はなく、基本を忠実に学ぶことが大切である。そのどれもが多くの時間、労力を必要とするが、造形活動は元来楽しいものである。一つ一つの工程に関心を持ち、楽しみながら技術の習得を目指してもらいたい。また、陶芸の大きな特徴は自分の制作した作品を使ったり、鑑賞出来る点にある。自作の作品を普段の生活に活かせることは大きな喜びにもつながる。技術の習得と共に芸術性の高い作品の制作を目指して制作に望んでもらいたい。そのためには、制作だけではなく、普段から美術への関心を持ち、感性を高める努力も必要である。出来るだけ多くの美術・芸術にふれ、自分自身を高めていってもらいたい。

教材園における学習の手順

①観察・体験に必要な準備

・汚れてもかまわない服装(作業着)(サンダル)
・タオル
・長い爪、指輪などのアクセサリーは不可

陶芸体験に関する問題

Q1 陶芸の基本的な制作工程を下の()の中から選び、正しい順に並べなさい。
1.土練り 2.[ ]3.[ ]4.[ ]5.[ ]6.[ ]7.[ ]8.完成
(a.素焼 b.絵付 c.成形 d.乾燥 e.施釉 f.本焼)

Q2 次の文章で()の中から正しいものを選び○をつけなさい。
⑴ 素焼の焼成温度は(イ.300℃ ロ.800℃ ハ.1100℃)ぐらいが良い。
⑵ 銅釉を酸化焼成すると(イ.赤色 ロ.緑色 ハ.白色)となる。
⑶ ベンガラ等の顔料は(イ.水 ロ.釉薬 ハ.お茶)でとくのが最も良い。
⑷ 還元焼成時の還元入りの温度は(イ.600℃ ロ.900℃ ハ.1200℃)が望ましい。
⑸ 長石に(イ.アルミナ ロ.石膏 ハ.木灰)を加えるとより融けやすい釉薬になる。

炭やき広場とは

sumi1.jpg sumi2.jpg
わが国では、1950年代末の燃料革命以後、薪や炭はほとんど使われなくなりました。
しかし、かつて里山では、上の写真にみるような窯を用いて、炭やきが広く行われていました。
この炭やき広場では、昔のような窯を使う方法ではなく、炭化器という道具と構内で伐採した樹木を使って炭をやいています。

教材園の活用好適時期

教材園の好適な活用時期は、下記の通りです。

sumi_gantt.jpg

炭やき広場へのアクセス

sumiyaki_map.gif

本学での授業活用例

地理学実習B(2012年 / 前期 / 3年対象)

炭材集めから炭作りまでの一連の作業を受講生に体験させた。また炭の利用法について紹介した。

下記授業も同様の活用内容である。
 ・地理学演習B(2012年 / 前, 後期 / 3, 4年対象)
 ・自然地理学講義(2012年 / 後期 / 1年対象)
 ・小専生活a(2011年 / 前期 / 2年対象)
 ・総合演習11(2011年 / 後期 / 3年対象)


概要

1. 何を学ぶものですか?

 いらなくなった木を集めて、炭化器という道具を使って炭を焼きます。木の燃やし方と燃え方、炭のできる仕組みなどを学びます。また活動を通して、いらないもの(廃棄物)を活用して新たな資源をつくり出すリサイクルを体験できます。

2. 観察や体験のポイントは何ですか?

 まずは燃やす木を集めます。どんな木が燃えやすいか、どのように火をつけたらよいか、木はどのように燃えていくか、どのように炭ができるかなどを観察します。

教材園における演習問題の例

教材園での観察・体験を行った際に、下記のような演習問題を出題することができます。

炭ってどんなもの?

Q1 炭を焼くために最低必要な温度は?
 
 
 

Q2 炭には、焼かれる温度や使う木によってさまざまな種類がある。黒炭(くろずみ)と白炭(しろずみ)、より高い温度で焼かれるのは?
 
 

Q3 黒炭と白炭、火つきがよいのはどちら?
 
 

Q4 黒炭と白炭、硬くて叩くとカンカン音がするのはどちら?
 
 

Q5 炭には数ミクロン~数百ミクロンのたくさんの穴があいている。炭1グラム中の穴の総面積は、だいたいどのくらい?
 
 
 

概要

1. 教材園の特徴

 この教材園は、児童・生徒の炭作り体験のために整備したものである。しかし単に炭やき技術を体験させたり習得させたりすることを目的としているのではなく、不要となった木材を炭という新たな資源に生まれ変わらせるという物質の循環的利用の過程を体感してもらい、そうした発想や技術の大切さについて認識を深めてもらうことに真の狙いがある。具体的には、まず身近な場所で炭やきの材料となり得る伐採木・廃材などを探し集める段階、集めた材料(炭材)を炭化器という道具に入れて着火する段階、炭材の燃焼を観察・制御する段階、消火し炭を完成させる段階を、1回につき2時間程度の活動時間の中で体験させる。さらに教材園以外の場で、焼き上がった炭をさまざまに活用(土壌改良、脱臭・調湿など)する段階が付け加われば、より完全な物質の循環的利用の過程を体験させることができる。

2. 体験学習や指導上の留意点・注意すべき点

 指導上もっとも留意すべき点は、火傷など火を扱うことに伴う危険を回避することである。近辺に引火性・可燃性の物を置かないようにする、消火用の水を用意するなどの備えが必要である。また炭材を集めたり扱ったりする際、手足に怪我を負う可能性もあるので、作業時には軍手を着用させるなどの配慮も必要である。さらに雨天時には炭やきが困難となる場合もあるので、実施に際しての天候判断も求められる。

教材園における学習の手順

①観察・体験に必要な準備

・消火準備(水)
・炭材集め
・焚きつけ準備
・放射温度計の準備

②炭材への着火の体験

・炭化器への焚きつけと炭材の投入
・焚きつけおよび炭材への着火

③炭材の燃焼観察と制御

・炭材の燃焼の観察
(順調に燃焼が進んでいる場合、うまく燃焼しない場合、炎の状態の変化など)
・放射温度計による燃焼温度の測定

④消火(炭の完成)の体験

・炭化器に消火用の水を投入
・炭が出来ていることを確認

教材園における演習問題の例

教材園での観察・体験を行った際に、下記のような演習問題を出題することができます。

炭に関する問題

Q1 炭焼きとたき火の違いを述べよ
Q2 炭の利用法を述べよ
Q3 炭焼きと里山との関係について述べよ

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8

〒980-9845
仙台市青葉区荒巻字青葉149
宮城教育大学
環境教育実践研究センター
TEL:022-214-3537
FAX:022-214-3537